新Googleサイトのカスタムドメイン設定ハマりポイント

Googleサイトのカスタムドメイン設定をGoogleサイトの設定画面からやろうとすると、 後になってCNAMEを向けろと指示されるサブドメインにまず所有確認用TXTレコードを入れろ、と指示が出て後々詰む。

(DNSの仕様上CNAMEを使ったドメインには他のレコードを入れられないため)

ちなみに、サブドメイン無しのドメインは新Googleサイトのカスタムドメインとしては使えない。(ドメイン入力フォーム自体が二つに分かれててサブドメイン前提、サブドメイン無しを通そうとしたことはないのでもしかしたら行けるのかもしれないけど...)

CNAMEを使うこととその向け先は結局のところ旧Googleサイトと同じようなんだけども、このことはTXTレコードでの確認した後のダイアログの表記で初めてわかる。(なぜか新Googleサイトのヘルプ・ドキュメントでは直接書かれていなかった)

おそらく本来想定されている設定手順は、Google Search Consoleなどから、サブドメイン無しのドメインの所有権確認用のTXTレコードを取得、それで所有権確認できたら自動的にサブドメイン有りも所有権確認できたということになるので、サブドメイン有りへのCNAME設定をする、こうすると諸々の整合性が取れる。

Googleサイトの時はサブドメインのCNAMEをgoogleの指定アドレス(ドメイン)に向けて、Googleサイト側でそのドメインを設定する、で終わりだった(はずな)んだけど、どうにもヘルプやドキュメントの書きぶりからG Suite(旧GoogleApps)のドメイン関係の話と悪魔合体してしまった感じがする。

でも、もしかしたらサブドメインでTXTレコードの設定とCNAMEレコードの設定を同時に書かないようにバラバラにやれば行ける可能性もゼロではないかもしれない、一度通っただけで所有権確認用のTXTレコードが途中で消えて継続的には証明が通らないことになるからダメな気もするけど。新Googleサイトのカスタムドメイン設定ダイアログ上はCNAME設定の指示が出る前に所有権確認が挟まるようなフローになっているし。

(今回はサブドメイン無しにTXTレコード設定して解決したのでどうなるのかわからない)

CNAMEじゃなくてAレコード設定で回避できるかもという感じはあるけど、Google公式としては説明されていないやり方だからどうなるかは未知数。

なんにせよ結構難儀しました。

参考

この記事は1ツイートに収まらない程度のメモをブログ記事として残したものです。 https://twitter.com/nanimosa/status/1433979151959003137

映画モータルコンバット(2021年公開)感想

ゲームのモータルコンバットは画面とか映像見たことあるくらいで実際プレイしてなくても、ちゃんとあーこんなキャラいたなって感じでまとまってるし、ゲーム踏まえたシーンやアクションだろうなってところも自然で無理矢理ねじ込んだような感じなかったし、いいゲームの映画化だと思った。

登場主要キャラ全員に見せ場あるように感じたし(レイコとかはちょっと割食ってるかなと感じるけど)、R15+なりにグロい(フェイタリティ)けど、グロ暴力一辺倒ではなく、メリハリがあって中だるみするようなところもない。 ただ、最初にタイトルロゴが出てからの話の流れはちょっとフフッっなった。

(※ゴジラvsコングのあとに見た感じなので、そこは割引く必要があるかも)

もう終映決まってるところが多いみたいだから、映画館で見るハードルは高くなっちゃうけど、配信なりサブスクに来たらまた盛り上がるといいなあ。

続編作れるような引きがあるので、続くといいね。(その折は日本公開もよろしく...)

この記事は1ツイートに収まらない程度のメモをブログ記事として残したものです。 https://twitter.com/nanimosa/status/1412743852272750598

ゴジラvsコング感想

全てはゴジラとコングを魅力的に写すための舞台装置なので、ガバガバ警備も、コング10年研究からのなにもわからんも、陰謀論どっぷりスパイチームも、なんでもありな理屈も、この舞台を整えるためには些細なこと!という力に溢れていて、観客を強火で炙ってくる映画だった(よかったよ)

あと、コングと通じてる子がところどころでいい表情していて、楽しい撮影現場だったのかな、という気持ちが湧いた。

この記事は1ツイートに収まらない程度のメモをブログ記事として残したものです。 https://twitter.com/nanimosa/status/1412729761588150275

1ツイートに収まらない程度のメモ カテゴリーについて

1ツイートで収まらなくて連ツイするぐらいの内容ならブログにも記事として置いていた方が後々辿りやすいな? ということに気が付いたので、そういうカテゴリーを作りました。

(ツイート検索できなくもないけど、あっさりと流れていってしまうので...)

なんでもブログに置くぞ!とは思っていなくて、ツイートしてから少し経って、これ辿れるようにした方がいいな? とか思ったら気まぐれにまとめる感じです。

ここ4年ぐらいを無理やりに振り返っておく

昨年11月に約3年半通っていた心療内科の(通院最後の日に確認したところ軽度うつ、での)通院が終わって、現在まで割と問題なく生活できている感じなので、ざっくりここ4年ぐらいをまとめて振り返るのと、今後をどんな感じで考えているかを書いておきたいと思います。

機序

機序、と言っても、もともとそういう素養持ちだなという自覚はずっとありました。

何か一つのきっかけでそうなったというよりは、「TorqueL(トルクル)」にしろ「いろかたおりがみ」にしろ、制作中やリリース後にいいことも悪いこともありましたが、心情をどう持って行ってどう落ち着けてよいかずっとわからない状態が続いており、それによる消耗で一線を越えたという感じだと思います。*1

あとはイベント駆動*2で何とか動くような生活になっていて、今思えばそれも要因ではあるかなと思います。イベントに出る際はコンディションを整えるようにしていましたが、結果的にそれ以外の生活が怪しくなっていくというサイクルになっていたかと。

じゃあ、その一線を越えたのはいつかと言うのが自分でも正確にはわからないところなのですが、明確に自分の認識として「これはまずいな」となったタイミングの出来事は覚えています。

それは、2016年7月に参加したBitSummit 4thの後に催されたポリポリクラブの配信に参加するべく、配信会場である「さろん淳平」さんに移動したのですが、着いてから少しするとひどく気持ち悪くなってしまい、結局配信中ずっと2階で横になっていた時です。

イベント後で酒も入っていて、移動もバスだったので疲労や酔いが原因の可能性も十分にありますが、体調を崩しやすくなっている状態になっているのは間違いなく、自分の認識が変わったのは間違いないところです。(なので、イベントや配信そのものがどうこうという話でもない)

通院と緩解

それから半年間ほど、以前からやっていた気晴らしになるようなことや新しいコトに触れてみるなどしていましたが奏功せず、2017年頭に心療内科への通院を開始しています。

そこからは元々自分のゲーム制作のために充てていた時間を幾分か療養に充てるようにして通院しつつ、可能な範囲でTorqueLの移植や、頻度を減らしてのイベント参加などの活動を継続しながら何とか生活していました。

ただ、以前から手掛けていた定期的な仕事と言うのは継続出来ていました、この仕事が週5勤務というわけではなかったというのは大きかったように思います。(影響が全くなかったとまでは思いませんが)

なんやかんやと諸々凌ぎつつ生活し、2020年11月に心療内科への通院がとりあえずは終了(症状の緩解)しました。

今後のこと

2021年に入って、自分にはっぱをかけるため色々と生活環境を変えてみました。(当然うまくいくかは置いておいて)

はっぱをかけるといっても、現時点なにか新しくゲームを作るというのは難しいと考えていて、それなら奨学金の返済を加速させたいなという心持ちになってきたので、安定的収入を増やす方向に舵を切ろうとしています。(増やせるとは言っていない)

新しくゲームとか作らんのかい! という点に関しては、リハビリがてら小さいものを作ったり制作環境の維持整備は続けたり、情報収集もそれなりに継続はしていますが、やはりどうしても「(いいこともわるいこともあったのを振り返って)もう一回アレやるの?」という気持ちがずっと拭えない、というのが個人的に大きな問題になっています。

また、制作体制を変えれば...と思わなくもありませんが、今の状態で制作体制を変える+ゲーム制作というのは健康面でのリスクが高すぎるのではないかと思っています。

とはいえ、収入増と呪文を唱えれば増えるわけではないので、自分のゲーム制作という名目で確保していた時間(近年はそれを幾分か療養に充てていたわけですが)を多少切り崩してでも、やれることからやっていくべきかと思っています。

かなりざっくりと書きましたが、振り返りとしてはこんなところです。

*1:じゃあ今落ち着けているかというとかなり疑問がありますが、ある程度は腹落ち出来ているようです

*2:トルクルリリース後あたりは月に一回程度イベント参加みたいなスケジューリングで動いていた

2020年を振り返りたい

2020年も終わりなので、振り返り記事でもと思ったら、2020年中には記事3本しか書いてなかったですね。

nanmo.hateblo.jp

nanmo.hateblo.jp

nanmo.hateblo.jp

フリック入力ミスったー」は、諸々調子が良くなってきたところで、時間をちゃんと作ってちまちまやれば一応物は作れるなと自分なりに確認できた感じです。

他2本は記事と言うか、昨年から引き続いてる件だったり、告知みたいなものなのでここで改めて書くことは特に...

特に記事にしてない振り返り

今年1年を通してはご多分に漏れず、リモート対応なりで家にいる時間が長くなり、もともと毎日出勤みたいなスタイルではありませんでしたが、確かに調子を整えやすくはなったけれどパフォーマンスとしてはどうやろね? というのはありました。

じゃあその期間に何か作ったり、というのも考えなくはなかったですが、調子が良くなったのと合わせて作品を鑑賞するモチベーションが回復してきたので、そういうインプットに当てたような感じです。

これは3年半ほど続いていた心療内科への通院が(結果的に)今年11月に終わるぐらいには回復傾向が強くなっていたので、生活サイクルの維持に努めた方が良かろうと思っていたのもあります。

(通院時に、家にいる時間が長くなったのがいい影響になったんじゃないかという話があったりしましたが、まあ正直なところよくわかりません)

あとはまあ、活用できる制度は諸々活用しつつ、何となく講談社のアレにとりあえず1本投げてみたり、TorqueLリリースから6年経ったね、と言う感じでしょうか。

来年に向けては、一応緩解したので環境を変えたり見直した方が良いかなということで、年明けて少ししたら引っ越しを予定してます。(6月からちまちま探してて最近物件が決まりました)

まあどうなるかわかりませんが、とりあえず生き延びています。よいお年を。

商標登録第6121255号「トルクル」への異議申し立てについて、決定が通知されました(商標登録は維持されました)

だいたい1年2か月ほどかかりましたね。

商標登録第6121255号「トルクル」への異議申し立て(異議番号 2019-900082)について、決定が通知されました。

異議申し立ての内容は過去記事に書いてあるので、そちらの参照をお願いします。

決定にかかる文書(異議番号 2019-900082 )はおいおい J-PlatPat商標審決データベース などで公開・公報されると思いますので、 以下に自分なりに決定の内容を要約しておきます。

(あまりに長期間公開されないとかだったら文書のスキャンなども考えます)

2020.12.26 追記
商標審決データベースで異議の決定が公開されていましたので、以下にリンクを置いておきます。
異議の決定|異議2019-900082 - 商標審決データベース

  • 当該商標の「トルクル」とTorqueLの読みの「トルクル」については、指定商品(第9号)の商標として類似性が認められる、しかし自分が示した証拠類では(特に量的に)需要者への周知性は認められない。
  • 上記から、商標法第4条第1項第10号(他人の周知商標)に該当しないため、商標登録は維持する

他、個人的に気になったところを目についたところ書いておくと

  • 指定商品の解釈については同一区分(9類)であることが認められているが、商品としての類似性は否定されている。(両商品の目的、用途、流通部門及び需要者等が異なる)

というところかと思います。

自分が示した証拠類は、既に広報・発売されていたことを示す記事ややりとりが主で、具体的な数値(例えば本数や視聴率)は強く示してはいませんから、 需要者への周知性を認められるには難しい面があることは想定できることだったので、ありうる決定でした。

今回異議申し立ては認められませんでしたが、過去記事でも書いた通り、 商品・役務として直接衝突するものではないと思われるため、先使用権の主張のための法的手続き、当該商標の無効審判手続きなどは行わない予定です。

異議申し立て書を作成する際に相談させていただいた方々、提出後に対応いただいた特許庁の方々へこの場を借りて改めて御礼申し上げます。