商標登録6121255号「トルクル」に関して、商標登録異議申立を行いました。

 とりあえず、表題の通りなんですが、結論まとめ3行。

  • 商標登録6121255号「トルクル」第9類 コンピュータプログラム(記憶されたもの又はダウンロード可能なもの)の登録を取り消すよう、特許庁に異議申し立てを行いました。
  • 「TorqueL(トルクル)」の販売・配信について今のところ影響はありません(おそらく今後もないと思われる)
  • 異議申立ての結果がわかるのはだいぶ先です(年内にわかれば早い方)

商標登録6121255号について

 商標登録6121255号「トルクル」は京都機械工具株式会社を権利者として平成30年4月11日に出願、平成31年2月8日に登録、平成31年3月5日に公報されました。

 区分・指定は以下のように登録されています。(強調はこちらで付加したものです)

区分 指定商品・指定役務
7 金属加工機械器具,動力付き手持工具,インパクトレンチ,ナットランナー,電動ドライバー,電動ドリル
8 手動工具,手動利器,トルクレンチ,トルクスクリュードライバー(手動工具)
9 コンピュータプログラム(記憶されたもの又はダウンロード可能なもの),コンピュータプログラム開発用コンピュータプログラム,製造業における生産性向上を支援するためのシステム用コンピュータプログラム,測定機械器具,トルク測定機械器具,トルクゲージ,ノギス,マイクロメーター,タイヤ空気圧計,深さゲージ,距離測定機械器具,ホイールバランサ,気圧計,ゲージ,電気式測定機械器具,試験装置(医療用のものを除く。),電子出版物
37 測定機械器具の修理又は保守,金属加工機械器具の修理又は保守,手動工具の修理又は保守,動力付き手持ち工具の修理又は保守

 商標登録6121255号については、日ごろTwitter上などで「TorqueL(トルクル)」の関連情報を収集しているうちに、2018年4月末ごろに商標登録OCRbotのツイートをきっかけに出願に気づき、以来その経過を見守ってきました。

 商標登録6121255号の全情報については以下の固定URLから参照してください。(以下のURLからさらに先のURLについては共有してもうまくいかないことがあります)

https://www.j-platpat.inpit.go.jp/web/TR/JP4_2018045392/425224C7CE0E1A98AB6A0213CCD6D9EB

異議申立手続きについて

 当方は商標法第4条第1項第10号(商標法第43条の2第1号)に基づき、「トルクル」は指定区分・指定役務「第9類 コンピュータプログラム(記憶されたもの又はダウンロード可能なもの)」について未登録の周知商標であるとして、商標登録異議申立手続き*1をとることとし、特許庁に商標登録異議申立書を提出しました。

 商標登録6121255号の権利者である京都機械工具株式会社については、スマートセンシングデバイス「TORQULE(トルクル)」を実際に商品展開しており、商標のフリーライドなどには当たらず、また拙作「TorqueL(トルクル)」とは(商標上の)商品・役務などもかぶっていないものと考えていますが、おそらくスマホアプリなどの展開のために補助的に申請されたと思われる「第9類 コンピュータプログラム(記憶されたもの又はダウンロード可能なもの)」に限っては、拙作との権利衝突の可能性がある(または商標権の行使により拙作へ影響を与えることが可能である)と考えております。

 商標登録6121255号の登録にあたり、京都機械工具株式会社から連絡等のコミュニケーションはこれまでありませんし、先に書いたように商品・役務として直接衝突するものではないと思われるため、当方は京都機械工具株式会社と事を構える気もなく、あくまでも特許庁の判断に異議を申し立てるものです。

 そのため、今回の異議申立が認められれず、当該商標の異議申立範囲での取り消しが行われなかった場合においても、先使用権の主張のための法的手続き、当該商標の無効審判手続きなどは(もっぱら手続きにかかる手間暇の問題からではありますが)行わないつもりです。

 商標登録異議申立の審理については、商標登録異議期間と(その間に提出されたものの)補正期間が終了してから、6か月から8か月程度と案内されている(PDF)ため、年内に結果が出れば早い方だと思います。

 なお、「第9類 コンピュータプログラム(記憶されたもの又はダウンロード可能なもの)」が「TorqueL(トルクル)」のようなゲームソフトウェアを含むかどうかについては当方は判断がつかず、念のため異議申立てを行っているという面もあることも付記します。(類似群コードだけでは判断が難しく、家庭用ゲームソフト・業務用ゲームソフトなどは別に区分や役務が設定されていることがあるため)

 ですので、異議申立てそのものが通らなくても、「第9類 コンピュータプログラム(記憶されたもの又はダウンロード可能なもの)」が「TorqueL(トルクル)」のようなゲームソフトウェアまで及ばないことが確認できれば重畳だと考えています。

 記事の最後に今回の商標登録異議申立書と参考にした色々なURLを貼っておきます。

留意事項

 今回の異議申し立てにあたって「未登録の周知商標(商標法第4条第1項第10号)」を申立て理由に挙げていますが、周知かどうかの判断は当該商標の出願日時点(あるいはそれ以前)で判断されます。そのため、今から広めようというようなことは(ありがたいことではあるのですが)、異議申し立てには影響しません。

 「需要者の間に広く認識・周知されている」の「需要者」とは、いわゆる一般の消費者だけでなく、取引先なども含みます。

 「TorqueL(トルクル)」は2014年12月24日より前に各種イベントでの展示や、賞をいただいたことなどもありますが、今回の異議申し立てにあたっては「業として」の判断が容易である2014年12月24日以降の情報を証拠として使用しています。(甲第23号証は許諾周りのやり取りが2014年12月24日以降に行われているため例外的に使用しています)

商標登録異議申立書(一部公開用に修正入り)

f:id:nanmo:20190311213959j:plain
p.1

f:id:nanmo:20190311214026j:plain
p.2

f:id:nanmo:20190311214047j:plain
p.3

f:id:nanmo:20190311214104j:plain
p.4

f:id:nanmo:20190311214127j:plain
p.5

f:id:nanmo:20190311214143j:plain
p.6

参考URL

出願しても登録にならない商標 | 経済産業省 特許庁

商標登録異議の申立て | 経済産業省 特許庁

郵送等で手続する方へ | 経済産業省 特許庁

類似商品・役務審査基準〔国際分類第11-2018版対応〕 | 経済産業省 特許庁

「鳥貴族」と「鳥二郎」【異議申立】

www.astermarks.jp

www.ishioroshi.com

imaokapat.biz

speakerdeck.com

*1:本当は審議中に情報提供するのが良かったのですが、情報提供出来ることに気が付いたのが商標登録異議申立書を本格的に仕上げようとしてからでした

【追記あり】VRMとVRoid Hub登録とライセンスとか

と、ライセンス周りを調べて何となく図にまとまったので、はてなブログにも残しておくテスト。

f:id:nanmo:20190109121802p:plain

[ここから追記: 2019/02/07]

VRoid HubのFAQでライセンス周りの説明がアップされていたので、確認もしつつ再検証しました。

(ツイート張り付けてますが、ちょっと見づらいかもしれません)

ということで、「アップロードする際、自動的に~書き換わる」は誤った表現でした。申し訳ございません。

このツイートのあと数日して、ピクシブさん(VRoid Hub)からサポート問い合わせの返信がありまして、ライセンスの非互換性などの諸問題については把握していただけているようです。

トルクル一斉セールやるます。

突然ですが、10月1日から31日まで、収益の一部を北海道への募金に充てる、トルクル一斉セールを実施いたします。

セールの詳細は下記ツイートや、そのリンク先であるSteam Communityのニュースでご確認ください。

「ニコニコチャンネル、20chの配信者が1億円越えの収入。有料登録者は70万人突破」のわからない数字を計算した

以下の記事を見かけて、

av.watch.impress.co.jp

読んだら累計収益受取額のグラフが、「累計収益受取額100万円以上のチャンネル」に絞ったグラフだったので、有料チャンネル数とかは出てるけどグラフに該当するチャンネル数がわからんなあと思って計算したメモです。*1

  • 有料チャンネル総数(x)=1,303
  • グラフに使っている「累計収益受取額が100万円以上のチャンネル数(a)」が不明なので求めてみる
  • 「1,000万を超えるチャンネル(b)」は200チャンネルに「迫る」 -> (b)=200と「多く」仮定してみる
  • (a)のグラフのうち(b)の割合は31.6% ->
    • (a) * 0.316 = 200
    • (a) = 200 / 0.316 = 632.911392.... = 633(四捨五入した)
    • 「累計収益受取額100万未満のチャンネル(c)」 = (x) - (a) = 670

(b)は「200チャンネルに迫る」を200と「多く」仮定しているので、(a)は「多く見積もって」633、(c)は「少なくとも」670と見積もれる

ひとまずまとめ

有料チャンネル数(x) 1,303 のうち、

累計収益受取額100万以上のチャンネル(a)は「多く見積もって」 633

累計収益受取額100万未満のチャンネル(c)は「少なくとも」 670

少しだけ続けて、
  • 累計収益受取額「約20チャンネルが1億円を突破」
  • (a)のグラフのうち1億円以上は 3.2%

先に求めた「多く見積もった」 (a) を使って計算してみる

(a) * 0.032 = 20.256

「多く見積もった」 (a) は「約20チャンネルが1億円を突破」と矛盾はしない

おわり

*1:あとは5年で有料会員10倍といわれても1年ごとの成長率でみるとうーんとか、1000万以上と100万以上にピークがあって間が少な目でうーんと思わないこともない

pixiv FANBOX をはじめ(てみ)ました

5月の頭あたりからpixiv FANBOXのページを作って運用してみています。

www.pixiv.net

こういったサービスはクリエイターのパトロン的なベーシックインカムの側面を押し出していることが多いように思うんですが、 どうもそう考えるとうまく腹落ちしなかったので、旧作の同人誌(?)をいつでも見られるサブスクリプションの体で支援特典を設定しました。

www.pixiv.net

ゲームのダウンロード版を支援特典にすることも考えましたが、設定できるのは単純はファイルのダウンロードなので、ちと難しいかなと思っています。

諸々どうなるかなと思いつつ、少なくとも年内いっぱいぐらいはぼちぼち更新するつもりです。

内容としてはあまり込み入ったテキストの修飾などはできないようなので、各種公式サイトとはてなブログの間ぐらいの立ち位置になるかと思います。

www.pixiv.net

www.pixiv.net

基本地味な更新が続くと思いますが、よろしくお願いします。

トルクル(TorqueL) 物理調整版 情報公開室チャンネル出張特別編「体験版のひみつ?」

 ニンテンドースイッチ版トルクルのリリースちょっと前から、ゲームニュースチャンネル「トルクル(TorqueL) 物理調整版 情報公開室チャンネル」の更新を不定期に行っています。

 今回は個人ブログに場を移して趣向の異なるお話を特別編としてお送りします(※本稿はニンテンドースイッチへの配信はありません)。

以下、本文。

続きを読む

トルクル(TorqueL) 物理調整版 Nintendo Switch版についてのメモ

2018年2月1日にNintendo Switch版のトルクル(TorqueL)物理調整版が発売となります。(1月18日から31日まであらかじめダウンロード受付中)

f:id:nanmo:20180118000303p:plain

この記事はその開発に関するメモです。

まとめ三行

  • 基本的にはXbox One版と同じですが、今回はPLAYISMからのパブリッシュになります。
  • HD振動に対応しています、あと家庭用ゲーム機向けとしては割と起動が早めです
  • 動画撮影機能に対応するためのパッチを後日配信する予定です。チャンネルも開設しました。

トルクル(TorqueL) 物理調整版 Nintendo Switch版 は今までのリリースとどこが違いますか?

基本的にはXbox One版と同じ仕様です。箱の配色がスーファミ準拠になっています。

Nintendo Switchは今のところプラットフォームとして実績/アチーブメント機能を持っていないので、これにあたる機能はありません。

パブリッシングについて

Nintendo Switch版はPLAYISM(アクティブゲーミングメディア)さんからのパブリッシングになります。

今回Nintendo Switch版の開発は個人的に(個人事業主として)進め、ほぼ完成と言える状態になってから、いくつかのパブリッシャーさんに改めてお話をお伺いして、Wii U版・Xbox One版と同じようにセルフパブリッシングするかどうかも含めて検討した上でパブリッシュ方法を決めました。

これまでのパブリッシングをまとめると以下のようになります。

セルフパブリッシング: Windows PCパッケージ、Steam、ひかりTVWii UXbox One、itch.io、DMM.comWindowsストア

PLAYISMパブリッシング: PS4/PSVitaNintendo Switch

トルクル(TorqueL) 物理調整版 Nintendo Switch版 の特徴はありますか?

HD振動に対応しています。

箱の辺を伸ばしたまま回転するとき、伸ばしている辺の方向をHD振動で伝えます。(補助的に辺を伸ばす時にも弱く振動します) 詳細は言葉で説明すると長くなるので、資料の画像を貼っておきます。

f:id:nanmo:20180109105534p:plain

f:id:nanmo:20180109105541p:plain

開発者的にHD振動のわかりやすさは Joy-Con2本持ち > Proコントローラー > Joy-Conグリップ > 携帯モード、という感じなので、Joy-Con2本持ちでのプレイを推奨します。

HD振動はさすがにプレイしないとわからないと思うので、体験版を後日配信する予定を立てています(時期そのものは未定ですが)。

また、本体の個体差やストレージ(SDカード)の性能にも依存するのですが、家庭用ゲーム機向けのトルクルとしては割と起動が早めです。

動画撮影機能対応について

発売日に配信されるバージョン(1.0.0)では動画撮影機能に対応していません。(スクリーンショット撮影はできます)

今回のトルクルの開発構成だと、対応するためにはゲーム・プロジェクト側の変更は特に必要なく、SDKやUnityのアップデートが必要になるので、アップデートとそれへの対応、またアップデートすることによる不具合の確認などが済み次第、パッチを配信する予定です(今調査している段階だと40MB程度のパッチになりそうです)。

SDKやUnityのアップデート・対応待ちのため具体的な時期は未定ですが、以前より事前調査や不具合報告などを行っていますので、それほど時間はかからないのではないかと考えています。

体験版も配信時点では動画撮影機能非対応になる予定です、体験版にもパッチを出せそうなのですが、とりあえずは製品版のみパッチ配信の予定を立てています。

そのほか

  • 「トルクル(TorqueL) 物理調整版 情報公開室チャンネル」を開設しました。不定期にお知らせを配信予定です(ゲームニュース -> チャンネルを見つける からチャンネル登録できます)。
  • チャンネルの記事で転記可能なものは公式サイトの方に同じ記事を載せていく予定です。
  • ロットチェック(任天堂の最終チェック)は一回で通過できました。やったね。
  • 日本以外の地域では少し遅れて発売となります(ゲームのデータは同一ですがストア情報の翻訳などがあるので)。パブリッシャーは同じくPLAYISMです。