商標登録第6121255号「トルクル」への異議申し立てについて、決定が通知されました(商標登録は維持されました)

だいたい1年2か月ほどかかりましたね。

商標登録第6121255号「トルクル」への異議申し立て(異議番号 2019-900082)について、決定が通知されました。

異議申し立ての内容は過去記事に書いてあるので、そちらの参照をお願いします。

決定にかかる文書(異議番号 2019-900082 )はおいおい J-PlatPat商標審決データベース などで公開・公報されると思いますので、 以下に自分なりに決定の内容を要約しておきます。

(あまりに長期間公開されないとかだったら文書のスキャンなども考えます)

  • 当該商標の「トルクル」とTorqueLの読みの「トルクル」については、指定商品(第9号)の商標として類似性が認められる、しかし自分が示した証拠類では(特に量的に)需要者への周知性は認められない。
  • 上記から、商標法第4条第1項第10号(他人の周知商標)に該当しないため、商標登録は維持する

他、個人的に気になったところを目についたところ書いておくと

  • 指定商品の解釈については同一区分(9類)であることが認められているが、商品としての類似性は否定されている。(両商品の目的、用途、流通部門及び需要者等が異なる)

というところかと思います。

自分が示した証拠類は、既に広報・発売されていたことを示す記事ややりとりが主で、具体的な数値(例えば本数や視聴率)は強く示してはいませんから、 需要者への周知性を認められるには難しい面があることは想定できることだったので、ありうる決定でした。

今回異議申し立ては認められませんでしたが、過去記事でも書いた通り、 商品・役務として直接衝突するものではないと思われるため、先使用権の主張のための法的手続き、当該商標の無効審判手続きなどは行わない予定です。

異議申し立て書を作成する際に相談させていただいた方々、提出後に対応いただいた特許庁の方々へこの場を借りて改めて御礼申し上げます。

トルクル(TorqueL) 物理調整版 Xbox One/Windows 10 についてのメモ

はじめに

個人事業主としてID@Xboxプログラムに参加し、Xbox One/Windows 10向けに「トルクル(TorqueL) 物理調整版」を開発しました。

Xbox One版,Windows10版共に2017年10月18日配信開始となります。

トルクルの公式サイト

本記事はそれにまつわるメモを(書ける範囲で)まとめたものです。

長くなるので、ざっくりとプレイヤー向け、開発者向けで分けています。

直接気になる項に飛びたい場合は目次からどうぞ。

留意事項

  • 明確に書き分けるため、物理調整版ではないTorqueLを「オリジナル版」と呼称しています。
  • 英語版のタイトルは "TorqueL -Physics Modified Edition-" になります。英語版タイトルを省略形で書くときは "TorqueL PME"あるいは"TorqueLPME"と書いています。
  • 時間とともに状況が変わって、現実に即さない部分が出てくる可能性があります。あくまで現時点での話ということにご注意ください。
続きを読む

なんもさんじゅっさい

なんもさんじゅっさいになりました。

なんだかんだとありましたが、全く想定していない人生を突き進んでいる気がします。

とりあえず自分で盛り上げていこうということでFullPowerSideAttack.comの方で今日だけセールをやってます。

20140419 - FullPowerSideAttack[dot]com

まあ、セールと言いつつも自分の手が余りかからない範囲でやってみた感じなんですが。 売上は...まあお察しという感じになるんじゃないかと。

あと、最近は...TorqueLの方はいざ色々手を入れてみると色々出てきたり(いつものこと)。どうもTwitterでつぶやいたののまとめはTogetterの方がアクセス数出るなあ(当たり前か)とか。A1ポスター入稿にA3のデータ突っ込んで再提出したりしてます。

ということで、来週日曜日はM3です。アウェイ感すごい(いつものこと)。

M3 2014春参加概要 - FullPowerSideAttack[dot]com

動画上映コーナーに参加できるということで以前出したPVを素材から再編集とかやってます。締め切りは20日23:59までだそうです、ひぃ。

CD試聴コーナーにはBREAKS LPで出来たリミックスを幾つかサンプルとして突っ込んだCDを置こうか思ったんですが、今回は参加できなかったので今回はとりあえずSoundCloudでどうぞ

まあ一枚焼いちゃってるんですけどね。

あとトラック1にCeVIOで説明用音声突っ込んだりもしてた。

Track.1 BREAKS LP Exported Remix Sample Announce (with CeVIO) | なんも(柳原 隆幸) | note

ということでnoteを始めました。

なんも(柳原 隆幸) (nanmo) | note

試しにTorqueLの公式ガイドブックを置いてみました、途中まで無料です。

TorqueL(トルクル) prototype 2013.03 @ E3 公式ガイドブック(note版) | なんも(柳原 隆幸) | note

近況は以上です。

なんものほしい物リスト

TorqueLをUnity Physics2Dで作れるか検証した件

結論としては今のところPhysics2Dでは作れないですね。

▶ [Test]TorqueL on Unity-Physics2D - YouTube

主な原因

  • Rigidbody2DにConstraints(特に位置固定)が無い
    • ローラー的なものとかシーソー的なものとかどうすればいいんですかね...(2DじゃないPhysicsでもJointからズレたりするからConstraintsが必須)
    • Position Iterations を上げるとある程度緩和される
    • FixedUpdateのタイミングでPositonを戻す処理を入れてもダメだった

ほか気になった点

  • 地形とキャラの間に隙間ができるのでPhysics2D にも Min Penertration For Pnenalty が欲しい(全面的にSprite Rendererで描画することである程度緩和できるけど完全ではない)
  • 挙動にまつわる基本単位が3Dの時とは違うようなので、調整が必要(Force, Friction, Bouncinessなど)
  • MeshからサクッとPolygonColider2D作れるようにして欲しい
  • Rigidbody2DにAddRelativeForceが無い(自力でWorld単位に変換すればいいけど)
  • めり込みを許容しないためかOnTriggerEnter2Dが頻発する(特に箱が伸びた時)
  • Rigidbody.maxAngulerVelocityが無い(FixUpdate内でMathf.Clampするとそれっぽくは動く)
  • RayCastとLineCastしか無い

3D -> 2Dなのでシンプルに作れるなーと思ったら必要な機能も削られてたっていう。 今後拡充されるのかな?

TorqueLの受賞とSteamデモ配信の件

TorqueL(トルクル)がIntel Level Up 2013においてBest Physicsを受賞いたしました。

http://software.intel.com/sites/campaigns/levelup2013/hall-of-glory/index.html

今回頂いたBest PhysicsはIntel Level Up 2013においてはSKILL AND CRAFT WINNERSという部門賞のようなもので、副賞は以下のようになっております。

  • 賞金 $3,000
  • Steamでのデモ配信

Steamでのデモ配信については今のところ現地時間(PST)で8月29日(木)の午前8時か9時リリースの予定で進んでおります(日本時間だと8月29日の25時か26時?)。 配信されるデモの内容についてはWindowsのみで現在PLAYISMで配信されているものと同様のものとなる予定です。

なお、現在配信開始のタイミングで乾杯するニコ生でもやろうかと計画しております(今のところ自宅からひっそりと8月29日の24時30分からSteam配信開始までぐらい?を予定)。

ちなみに、受賞の連絡自体は7月末に頂いておりまして、コミケ準備の傍ら粛々と書類や配信の準備を進めておりました。 Intelさんから発表があるまで秘密ということになっており、先日情報公開されましたのでようやくご報告できた形になります。 コミケ前に発表出来てたら売れ行きとか違ったのかねえと思わなくも有りませんが、まあ言ってもしかたのないことですね。

そういえば、Steamで日本の個人が配信者として登録されるのって初めてな気がしているですが、どうなんでしょうね(自分で調べるのがめんどくさい)。

※法人じゃない場合個人名を配信者として登録することになっている。

Steamでのデモ配信開始の折には是非ともダウンロード・プレイいただけると幸いです。

引き続きTorqueL並びにFullPowerSideAttack.comをよろしくお願い致します。

ToruqeLがE3でプレイアブル展示されるそうですよ?

記事やTwitterとかでちょこちょこ触れていましたが。

TorqueLがIndiecade Showcase @ E3に選出され、E3会場にて展示が行われることになりました。

なお、私は調整つかずE3会場にはおりません。(Indiecadeのスタッフがよしなにしてくれてるハズ)

E3に行かれる方に於かれましては、Booth #3035 South Hall にお立ち寄りいただければと思います。

E3向けに仕様変更とステージ追加(5つ)を行なっており、こちらのバージョンはウェブでも配信予定です。 ここらへんはもろもろ詳細確定したらまた告知すると思います。

東京ゲームショウ インディーゲームコーナーに申し込んだ件

E3の件でそれどころじゃない感じですが、とりあえず申し込みましたということで。

http://expo.nikkeibp.co.jp/tgs/2013/exhibition/exhibit/indie_games.html

土曜日1日だけの予定。

ブースというか建物がメインから離れてるとか、ファミリコーナーとコスプレコーナーに隣接してるとかまあ色々あるとは思いますが、なんとかなるんじゃないですかね。