読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

jpegtransを実行するバッチファイル

JPEGをプログレッシブにするかどうかの分かれ目は10KB | エンタープライズ | マイナビニュース

でjpegtransというツールが紹介されていた。
コマンドラインツールなので、ドラッグアンドドロップでできるようにバッチファイルを組んでみた。

@echo off
cd /d %~dp0 > nul

if exist "%~f2" call %0 %2 %3 %4 %5 %6 %7 %8 %9
if not exist "%~f2" goto folderSetup
goto jpegtran

:folderSetup
del /Q /S optimized progressive > nul
rmdir optimized > nul
mkdir optimized > nul
rmdir progressive > nul
mkdir progressive > nul

:jpegtran
jpegtran -copy none -optimize "%~f1" "optimized\%~n1%~x1"
jpegtran -copy none -progressive "%~f1" "progressive\%~n1%~x1"

jpegtranにパスが通っていない場合は最後2行を書き換える必要あり。
仕様的に一度に9個のファイルしか実行できない。

optimizedとprogressiveにそれぞれ実行されたjpgが出力されるので適当に比較してコピーする。